アキレス腱断裂の症例

ケガで手術をお考えの方も一度ご相談ください

27歳、男性の「アキレス腱断裂」の症例です。バレーボールの試合中に、アキレス腱断裂をされました。総合病院を受診され、主治医からは手術を勧められましたが、「手術をしたくない」という患者さんの強い希望により、当院を受診されました。

初診時

初診時のエコー画像で〇印がついている部位が断裂がみられるところです。

6週間後

6週間後のエコー画像で〇印がついている部位に断裂はみられず、きれいに修復されているのがわかります。

 

当院では、初診時に断裂端の状態をエコー検査で確認を行います。約1週間ごとに、エコー検査を行い断裂した部位の癒合状態を確認していきます。断裂端の修復が確認できれば、約6週間ぐらいでギプスを除去することができます。エコー検査は、治癒していく過程を確認することができるのです。

今までは、保存療法を行った場合には、再断裂する可能性が高いとされていましたが、状態の管理を定期的に行えば保存療法でも再断裂する可能性が低いということが、わかってきました。

つまり、手術をしても、保存療法をしても、しっかりとした治療を行えば結果は変わらないということがわかってきたのです。

インフォメーション
治療内容

各種保険取扱、交通事故、労災、自由診療

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、肩痛、腰痛、アキレス腱断裂、スポーツ外傷、交通事故外傷、膝痛など。ケガや痛みの治療専門

受付時間
休診日:土曜日午後、日曜、祝日
03-3309-6725
 

〒157-0061  東京都世田谷区北烏山8-2-17

【アクセス】

京王線「千歳烏山駅」より徒歩15分
小田急バス「千歳烏山駅北口」より、吉祥寺駅行き[吉02]乗車5分、「ときわ橋」下車すぐ